車修理実績

Monthly Archives: 2月 2011

BMW・MINI/ガル・ウイング加工・Part2

前回パート1のヒンジ類の加工につづきパート2では配線関係の処理に入ります。
 
 

 ドアーがガルウイングした時にノーマルのままだと配線の長さが足らないので配線
の延長をします、これがドアー1枚につき20本以上の配線が有り、2ヶ所を連結
延長します、すなわち片方のドアーで40本以上の連結作業をする事になります
従来1ヶ所で20本以上の連結をするとその部分がどうしてもかなり太くなります 
そこでこのkit に付属されているこの↓すぐれ物 半田入熱連結収縮チューブ
 

(ウルトジヤパンの半田入熱収縮連結チューブ)ドイツ製 大、中、小、極細 と4種類
あります。1個120円程 狭い箇所の作業などに大変重宝します。

連結する配線の端をリムーブし このチューブに入れます、それをヒートガンで加熱
するとチューブが先にちじまり、さらに加熱すると半田の部分がチューブの中で溶けて
リムーブ しておいた銅線部分が綺麗に半田ずけ出来るのです。
(太さもほんの少し太くなる程度です)
これで連結した部分にテーピングする必要もなく同じ箇所で結束しても全然OKです。
 

配線をまとめる為に布テープでラッピングをして配線の処理が完了。
 

ドリル穴などのタッチペイント/ ヒンジの取り付け
 

ガルウイングの開閉調整
 

ガルウイングのヒンジがフエンダーに当たる部分をカッティング

フエンダーパネル等取り付け/フエンダーマーカーもヒンジに当たる為、加工
 

各ドアーの開閉調整&確認などで全作業完了。全工程4~5日の作業でした。
 

今やガルウイングはモーターイベント会場やSHOPデモカー等では、よく見かけますが
街中で突然ドアーが立てに開けば注目度間違いなし デモカーとしては宣伝効果バツグンでしよう!
写真提供協力 BMW・MINI shop Jan Speed
施工 尼崎 マルシン自動車=bodyshop MARUSHIN
 
 
 
 
 

BMW・MINI/ガル・ウイング加工・Part1

今回は、マルシンの取引先、尼崎のBMW・MINIのスペシャルshop/Janspeedさん
のデモカーBMW・MINI/R56 cooperS をガルウイング化・加工しました。
 
取付のKITはUSA製 LSDーDOORS製品を取付します。
 写真をクリック、もう一度クリックで最拡大します↓

 各パネル パーツの取り外し

 ヒンジ部分の加工

 切断部分を間違えないようカット

              位置確認をし↑ ボルト穴をタップ切り↓

 サビ処理ペイントをすませ、ヒンジの取付完了、これでひと区切りの作業が終了です
以上簡単に説明しましたが、実際の作業は確認・加工また確認の繰り返しで非常に
時間を掛けています。
つづきはPart2 にて
by尼崎・マルシン自動車=bodyshop/MARUSHIN
 
 

会社案内

マルシン自動車
兵庫県尼崎市崇徳院1丁目17-2
TEL:06-6419-2882
FAX:06-6419-1071
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

出張エリア

▼無料出張いたします!
尼崎市 西宮市 芦屋市
その他周辺地域

MINIのページ
ブログ
カーセンサー