車修理実績

Monthly Archives: 5月 2012

ジャガーXJ6Lー室内フロアー床張替え編

錆びてます
 室内、運転席左側、のフロアーパネル、かなりの錆びです、腐食がひどく穴開き個所もあります。
 
 
 
 
 

このようなな状態↑、表面的な錆びですと処理をすれば良いのですが、腐食が大きいと
その部分を全て張替えるのが一番最善の方法、その場しのぎの処理だと又すぐに錆びてきます。
フロアーがこの様になる原因は、どこかからの雨漏れや水の侵入でマットの下が常に湿った状態で
サビが進行し腐食してしまい、こんな状態になる事が多いようです。
 
 
 
 
腐食部分を切除 ↓

 
 

カットパネルを仮合わせ問題点も発覚・・・・・・
このパネルは純正の物ではなく社外品パネルなのでプレスラインが7mm程どうしても合いません
でも一つのラインを合わせれば次のラインが今以上に狂うので、少しの違いは目をつむり・・・・・
全体ののバランスで取り付ける様にします。
 
 
 
 

 

 

張り替えるパネルの下準備として新品には無く、旧パネルに付いている物を移植溶接して
ジョイント部分の補強をいれます。
 
 
 
 
 

ジョイント部分の違いを調整し ↑
 
 
 
 

本付け補強溶接  ↑
 
 

フロアーの裏面も溶接処理 ↑
 
 

内部の錆びの部分も錆びの進行を防ぐ溶剤で処理 ↑
 
 

ジョイント面からの水などの侵入を防ぐ為のシーリング処理 ↑
 
 

最終 防水、防音用アンダーコートの処理でフロアー部分の完了です。
次回からボディーの板金処理に入ります。
 
BY・尼崎・マルシン自動車=BODYSHOP・MARUSHIN
 
 
 
 
 
 
 

ジャガーXJ6L・オールペイントーエンジンルーム・編

ジャガーXJ6Lのオールペイント・・・・・
 まずエンジンルーム内からの作業です

エンジンルーム右側

エンジンルーム左側
 
エンジンルーム内のペイントなのですが、その前に錆びの下処理をするのが大変、穴があくほどの
大きな腐食は無く表面の錆び処理でいけましたが、ほぼフルレストアに近い作業項目
 

表面の錆びを除去している工程、
錆びの部分は錆びてない部分まで研磨します。
 

フレームの合わせ目、部分をシーリング
 

アンダーコートで処理、等々
 
 

以上 配線、配管などその他のパーツを全て取り外してからの下処理で
錆止め及びサフエーサーのペイント処理と、この工程だけで2日の時間を費やしました。
 
 

そして最終エンジンルーム内のペイント完了です。
BY・尼崎・マルシン自動車=BODYSHOP・MARUSHIN
 
 

会社案内

マルシン自動車
兵庫県尼崎市崇徳院1丁目17-2
TEL:06-6419-2882
FAX:06-6419-1071
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

出張エリア

▼無料出張いたします!
尼崎市 西宮市 芦屋市
その他周辺地域

MINIのページ
ブログ
カーセンサー