車修理実績

Monthly Archives: 6月 2013

シボレーカマロ・カスタム

 マッドMAX INTERCEPTER 仕様

 
 
結構派手です。
 
 
 
 

久々の投稿になります。
今回は取引先の西宮・アメ車の専門店・EZオートさまからの依頼で
このカマロをINTERCEPTER 仕様にして欲しいとの依頼です。
 
なんだか懐かしい響きです、INTERCEPTER とは30年以上も前の映画 
MAD MAXに登場する、警察が乗っているパトカーのこと、
イメージとしては、主役のネルギブソンが乗っていたのは黒でスーパーチャージャー
の車と記憶していましたが、他の登場パトカーはこのカラーリングだったの様です。
実は私もこの映画,若かりし頃、ディアル・タイムで観ましたが
主役のネル・ギブソンがすこぶるカッコ良かったのは記憶にあります。年齢がばれそう?
 
 

MAD MAXより INTERCEPTERの登場シーン
 
 
 
 

 現行のカマロをオーナーのイメージでデザイン、細かな所まで色々とオーダーされましたが現車に転写
した時に、どこまで忠実に再現できるかわかりませんが、お客さまのイメージを大切に作業します。
 
 
 
 
 
 
 
 

まずテーピングでラインを引き幅やアールをオーナーのイメージ通り忠実に再現していきます
テーピングだけでも半日以上かかります、写真は仕上がりのラインですが!
これまでに何回もやり直しているのです。
 
 
 
 

次にラインがきまれば色の幅と色合いを確認して行きます。 
      (カッティングシールで仮に再現、お客さまに確認して頂きます)
 
 
 
 

曲線部や角度を念入りに確認します。

細かな所をチェックし今度は一から塗装の為のラインを引き決めて行きます。
当たり前の作業ですが細やかな所の丁寧さが仕上がりを左右します。
 
 
 

3色の内の1色目を塗装後、乾燥 次のラインを決めます。
 
 
 
 

2色目の塗装をいれ、この時3色目の赤が染まりが悪いので下地色も兼ねています。
 
 
 
 

最後に赤を決めます。
 
 
 
乾燥後、マスキングを剥がせばイメージ通りに仕上がっているか緊張の瞬間です。

別に塗装していたバンパーを取り付ければ全体のイメージがつかめました。
 
 
 
 
 
 
 
当初この作業を依頼されたとき、全てカッティングシートでの施工を提案しましたがお客様の希望で
全て塗装でして欲しいと、ご依頼されての施工でしたがコストの面と、のちに元に戻したときの事まで
考慮し フードとトランクはカッティングシートで施工となりました。
 
 
 
 
 
 
ロゴシールを貼って仕上がりました。  オーナーさまのイメージ通りに再現出来た様です。

現代版  MAD MAX  INTERCEPTOR
 
BY・尼崎・マルシン自動車=bodyshop・MARUSHIN
 
 
 

会社案内

マルシン自動車
兵庫県尼崎市崇徳院1丁目17-2
TEL:06-6419-2882
FAX:06-6419-1071
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

出張エリア

▼無料出張いたします!
尼崎市 西宮市 芦屋市
その他周辺地域

MINIのページ
ブログ
カーセンサー