車修理実績

Monthly Archives: 12月 2015

brembo風に キャリパーペイント

BMW純正のキヤリパーをbrembo風にカスタムします。
 
 
 
 

油汚れや錆などを綺麗に洗浄し下地塗装の工程です
 
 
 
 

塗装の密着性を高め表面のキズ等を埋める為の2液サフェイサーの塗装
 
 
 
 

今回は赤系のカラーリングでコーティング塗装
 
 
 
 
 
 
 

 bremboのロゴを入れ最終塗装で光沢感を出します。
 
 
 

 一見 bremboのキャリパーに思える仕上がりです。
 
 
 
 
 
burembo風 のキャリパーに見えるでしょうか?
 
 
 尼崎・板金・塗装・カスタムペイントはお任せ下さい。
  BODYSHOP/MARUSHIN=マルシン自動車
 
 

ヘットライトレンズの黄ばみ白濁り補修

 

 
 before 処理前レンズ ↑  経年劣化でレンズが黄色く変色し白く濁るり曇っています。
 
近年、車のヘットライトは、一昔前のガラスレンズとは違い強化ポリカーボネート樹脂で出来て
おりさまざまなデザイン形状のライトが出来る様になりました。
しかしこのポリカーボネート樹脂のレンズ表面は傷つき安くその為に表面保護の耐傷用のクリヤ
塗装を施しています。
このレンズが黄変や濁ると見た目も悪く、ライト自体の光度も落ち車検が通らない事もあります
原因はレンズに塗装している保護クリヤーが紫外線やライトのハロゲン球、HID球などの熱に
より劣化、酸化し変色、剥がれをおこす事でなります。
 
 
 
 
 
 after 処理後 ↓    新品の様な透明度のあるライトレンズ

 処理後 ↑        新品の様な透明度のあるライトレンズ
 
 
処置のしかたとしては色々な研磨剤や透明度を出す処理剤、またコーティング剤が有りますが?
根本的に処理しなければ、1~2ヶ月でまた、透明度がなくなり黄変、白く濁 つて行きます。
 
 施工方法

 
横変劣化したレンズを洗浄、旧被膜を耐水ペーパーで全て研ぎ落とします 。
 ペーパーの番手を800番から最終2000番まで細かくしペーパーキズを細かくします
 
 
 

 
 その後ペーパー目をポリッシャーで磨き透明に仕上げます。
この段階でレンズは、ほぼ透明になり綺麗なのですが、このままですと、キズが付き安く
すぐに横変してしまいます。
(当店でのリサーチ結果ではコーティング剤や艶出し剤ではあまり持続性がありませんでした)
その為、綺麗になつたレンズを保護するためには、レンズ用の保護クリヤー塗装するのが
一番良い結果が得られました。 
 

 イサム塗料(プロ用:2液レンズ専用クリヤー)
 

 
 塗装後は、乾燥させ磨き上げたレンズが一層 透明度が増し保護膜が出来たことになります。
 施工後は保存環境にもよりますが、飛び石などで傷つき、剥がれなどをおこさない限り今の
時点では2年~3年は現状を保っています。
 
 
 
 
      before                                                     after
レンズの黄ばみを透明感のあるレンズに修復しただけで、車の年式が、新しく見えます。
 
 BY  bodyshop marushin=マルシン自動車
 
 
 
 

会社案内

マルシン自動車
兵庫県尼崎市崇徳院1丁目17-2
TEL:06-6419-2882
FAX:06-6419-1071
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

出張エリア

▼無料出張いたします!
尼崎市 西宮市 芦屋市
その他周辺地域

MINIのページ
ブログ
カーセンサー