車修理実績

Category Archives: カスタム

ハリアーFスポイラー加工取り付け

 
 
 
 
 
 
  
 
 エアロチックなフロントロアーノーズ   
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
be fore  ノーマルのバンパー時 ↑

 
 
 
 
 
 
 
 
純正バンパーに、このロアスポイラーを取り付けますが同じハリヤーでもグレード違いの
物を取り付けようとしている為、取り付け部分が全然、あいません
取り付ける部分が1cmほどしか重なりません、すぐに割れること間違いなし
その為、重なる部分の幅増しと補強のためFRPを増設及び補強します。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 取り付け穴も開け直し補強 ↓

 
 
 
 
 
 

 
 
 重なる部分をフラットにして5cmほど幅を増し補強しました。↑

 
 
 
 
 
 
 
 
 サフェーサー処理 ↑
  ゲルコートの白から、ハリヤーボディー色のパールホワイトへ塗装 ↓ 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 after ↑
 取り付けフイッティング及び段付き加工も綺麗に収まりました。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
  
 尼崎・板金・塗装・(持ち込みエアロ)の取り付け加工などもご相談ください。
BODY SHOP・MARUSHIN=マルシン自動車
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

フェラーリ308GTS 完成

 
 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 
 
 
 
 
                 完成後画像 ↑
 
 
                最終塗装作業↓

 
 
 
 
 
 
  
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
このフェラーリ入庫してからなんだかんだで10ヵ月ほど経過しましたが
 (2016年11月30日で)ようやく仕上げ塗装段階まで来ました。
腐食部分の処理・歪取りなど時間のかかる作業が続くため一度に進めることは難しく
他に入庫する車との兼ね合いで少しずつしか進行出来ず、本来は8月の盆休みまでの
仕上げを予定していましたがレストア作業は、納期の遅れが一般的で開けてみないと
見えない、わからない部分が多く出て来ます。
しかし、なんとか年内納車に向けようやく仕上がりが見えて来た感じでした。
その後の作業も順調に進み問題なく完成出来ました。
  
 
                完成後写真 ↓

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
  

 
 
 
  
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 

 
 
 
 

  
  
  
  
  
  
  
  
  
  完成後2ヶ月経過、塗装塗膜が安定してからのガラスコーティング施工をしました。
 ガラスコーティング施工後  撥水動画→    IMG_2589 をクリック 
                ↓   
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
ガラスコーティング等も車種に 又、オーナー様のニーズに添える様に数種類取り揃えています。
 尼崎・板金塗装・マルシン自動車=body・shop MARUSHIN 
 
 
 
 
 
  
 
  
 

コペルボニート&バンデンプラ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
バンデンプラ・プリンセス・ADO16?かと思いきや日産マーチをベースにレプリカ
された、コペル・ボニートという車

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 テールランプやライセンスモール、バンパー、&フロントグリルはバンプラ本家の物を使用

 
オールペイント済み after ↑
 
 
 
 
 
 
            
  
  
  
  
before   ↓
今回は、 この車両の全塗装を依頼されました。
車両の上面部分の塗装が劣化し剝れています。
  

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
ボンネットなどは旧塗膜を剥離ます、ボンネット等はFRP製に変更されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 フエンダー等もFRP製、ひび割れの為、上面部の旧塗膜を剥離ます。

 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 この部分は本来のボディー鉄パネルとレプリカの為のFRPパネルを接合している
部分が割れて来ているので整形後、パネル接着剤で修正しています↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは、マーチベースのままのマーカーランプ穴をFRPで穴埋めです↓

 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 

 
  下地加工終了↑
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
  
  
  
  
  
今回、車の色もグレーから本家車両のブルックランズグリーン系に色替えしました。
塗装直後

 
 
 
 
 
 
 
 
こちらは、乾燥後、磨き上げたフードパネル↓ 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ウインド廻りのゴム関係のパーッは、全て交換しました。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
左右サイドのピンストライプはゴールド、本家はドアーハンドルの下にラインが
有るのですが、サイドのボディーラインの違いで今回の位置へ・・・・・
 
 完成です。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 この写真は当店にある本家との比較、どっちがどっち?
左ボニート                右ADO16
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
サイドのシルエットは、かなりの違いがありますが、前後のシルエットは単体で
見た場合、間違えるほどのレプリカです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
尼崎・板金・塗装・ bodyshop MARUSHIN=マルシン自動車
 

brembo風に キャリパーペイント

BMW純正のキヤリパーをbrembo風にカスタムします。
 
 
 
 

油汚れや錆などを綺麗に洗浄し下地塗装の工程です
 
 
 
 

塗装の密着性を高め表面のキズ等を埋める為の2液サフェイサーの塗装
 
 
 
 

今回は赤系のカラーリングでコーティング塗装
 
 
 
 
 
 
 

 bremboのロゴを入れ最終塗装で光沢感を出します。
 
 
 

 一見 bremboのキャリパーに思える仕上がりです。
 
 
 
 
 
burembo風 のキャリパーに見えるでしょうか?
 
 
 尼崎・板金・塗装・カスタムペイントはお任せ下さい。
  BODYSHOP/MARUSHIN=マルシン自動車
 
 

スモーク・クリヤー塗装

 
スカイラインのグリルを スモークペイント施工
下がノーマルグリル、取り付けているのがカスタム後のグリル
車のオーナー様がノーマルとカスタム済みの2種類のグリルを在庫したいとの事・・
 
 
 

 
まずグリル内の網目部分を薄いグレーからブラックに変更塗装
 
 
 
 

 
次にメッキ部分をスモークカスタム、メッキ感が表面に出る様にスモーククリヤー
を慎重に塗り重ねます。もちろんメッキの上には塗装の密着が非常に悪いので
特殊な処理をしています。
 
 
 
 

 
ノーマルの物との違い
画像を左クリック1回拡大・2回クリックで2倍・拡大します。
 
 
 
 

 
 施工後はこの様にミラーレンズのサングラスの様に仕上がります。
 
 
 
 

 
 
 
なかなか渋みの有る色合いで、フロント部分に高級感が増しました。
 
 
 
 尼崎・バンパースリキズから・板金塗装・カスタムペイント・お任せ下さい。
BODY SHOP・MARUSHIN=マルシン自動車
 

シボレーカマロ・カスタム

 マッドMAX INTERCEPTER 仕様

 
 
結構派手です。
 
 
 
 

久々の投稿になります。
今回は取引先の西宮・アメ車の専門店・EZオートさまからの依頼で
このカマロをINTERCEPTER 仕様にして欲しいとの依頼です。
 
なんだか懐かしい響きです、INTERCEPTER とは30年以上も前の映画 
MAD MAXに登場する、警察が乗っているパトカーのこと、
イメージとしては、主役のネルギブソンが乗っていたのは黒でスーパーチャージャー
の車と記憶していましたが、他の登場パトカーはこのカラーリングだったの様です。
実は私もこの映画,若かりし頃、ディアル・タイムで観ましたが
主役のネル・ギブソンがすこぶるカッコ良かったのは記憶にあります。年齢がばれそう?
 
 

MAD MAXより INTERCEPTERの登場シーン
 
 
 
 

 現行のカマロをオーナーのイメージでデザイン、細かな所まで色々とオーダーされましたが現車に転写
した時に、どこまで忠実に再現できるかわかりませんが、お客さまのイメージを大切に作業します。
 
 
 
 
 
 
 
 

まずテーピングでラインを引き幅やアールをオーナーのイメージ通り忠実に再現していきます
テーピングだけでも半日以上かかります、写真は仕上がりのラインですが!
これまでに何回もやり直しているのです。
 
 
 
 

次にラインがきまれば色の幅と色合いを確認して行きます。 
      (カッティングシールで仮に再現、お客さまに確認して頂きます)
 
 
 
 

曲線部や角度を念入りに確認します。

細かな所をチェックし今度は一から塗装の為のラインを引き決めて行きます。
当たり前の作業ですが細やかな所の丁寧さが仕上がりを左右します。
 
 
 

3色の内の1色目を塗装後、乾燥 次のラインを決めます。
 
 
 
 

2色目の塗装をいれ、この時3色目の赤が染まりが悪いので下地色も兼ねています。
 
 
 
 

最後に赤を決めます。
 
 
 
乾燥後、マスキングを剥がせばイメージ通りに仕上がっているか緊張の瞬間です。

別に塗装していたバンパーを取り付ければ全体のイメージがつかめました。
 
 
 
 
 
 
 
当初この作業を依頼されたとき、全てカッティングシートでの施工を提案しましたがお客様の希望で
全て塗装でして欲しいと、ご依頼されての施工でしたがコストの面と、のちに元に戻したときの事まで
考慮し フードとトランクはカッティングシートで施工となりました。
 
 
 
 
 
 
ロゴシールを貼って仕上がりました。  オーナーさまのイメージ通りに再現出来た様です。

現代版  MAD MAX  INTERCEPTOR
 
BY・尼崎・マルシン自動車=bodyshop・MARUSHIN
 
 
 

マッド・Black・ets

 
今回は過去にカスタムした色々なパーツ、主にホイールやキャリパーのご紹介です。
高品質な仕上げを重視し作業した物ばかりですご参考にして下さい。
 

Before                                After
AMGのノーマルホイールをマッドブラックにカスタムしたものです。    ↑  ↓
 

 After                                  After 
  
 
 
 
 
 BMWエステート純正ホイールを半艶のブラックに色替え ↓
      Before                              After

 
 
 
 
 
 
 
ベンツエステートのホイールをチタングレーに色替え
Before                              After

 
 
 
 
 
 
 
 
ベンツEセダンのグリルをマッドブラックアウト
Before                               After

元論パーツは全て分解して下地加工後、一つ一つ丁寧に仕上げペイントをしています。

 
 
 
 
 
 
 
R32GTRのキャリパーペイント
Before                              After

 経年色あせの為、綺麗にしたいと依頼されリフレッシュしました。
 
 
 
 
 
 クラウン・アスリートのキャリパー
ノーマルの色なしからATHLETEのロゴを入れてブルーメタにカスタム

 
 
 
 
 
 
 
インプレッサのホイール・ハイラスターシルバー
メッキ調の微妙な色です、左画像キズの為ペイントしました。

Before                             After
 
 
 
 
 
 
ロゴの通り フエラーリのカーボンミラーカバーです。

 
 
 
 
 
 
 
 PORSCHEのホイール修理
 
Before

                                       After
 
 
 
 
 
 
 
ベンツAMGホイール修理
ハイパーシルバー

Before                                 After
 
 
 
 
 
PORSCHEのキャリパーをペイント
brembo風のオレンジにイメチェン
 

 
 
 
 
 
 
 
サニーB110ワークス車輌の年代物ホイールをレストア
ブラスト&ポリッシュ

 
 
 
色々な物にチャレンジしています、車のお悩み事やカスタムのご相談は是非お聞かせ下さい。
BY・尼崎・マルシン自動車=BODYSHOP/MARUSHIN
 
 
 
 
 
 
 
 

ベンツSLR マクラーレン

ベンツSLRマクラーレン ・エアーダクトのボディー同色ペイント作業のご紹介
 

 
 
今回は単にエアーダクトのペイントですが、車がベンツの最高峰 SLRマクラーレンお預かり
するのも気を使う車でした。
 
各パーツを取り外すのも、この車は初めてで未知の作業の為けつこう手間が掛かりました。

 

フエンダーのダクトを外すのもフエンダーASSYでの取り外しになりました。↑
 
 

各、部分のパーツを分解後、ペイントの為の下処理をするのですが
分解パーツの数が多いので後に上塗りペイントが剥がれたりすると手直しが大変です、
この工程は、特にいつも念入りにします。↓

 
各パーツを足付けのペーパー掛け&サフェーサーで下処理ペイント、乾燥後、耐水ペーパー
で、つるつるに再度ペーパーを掛けます、これでボディーと同色に上塗りペイントをする為の
下処理が完了↑
以上の工程は塗装の場合当たり前の作業なのですが、一般のお客さまから良く質問され
るのが、単にそのまま色を塗装して終わりじゃないのですか?・・・・・と思われているようです。
 
 

ボディー同色にペイント終了↑
 

そして、乾燥後、表面を磨きあげるのですが、このパーツはご覧の通り細かいパーツばかり
なので、ほとんど手磨きです、機械では磨けません。↑
 
 

ペイント工程が終わり、最終にキズをつけない様、元通りに組み込み全工程終了です。
結構、手間が掛かるのがお解り頂けましたでしょうか?・・・・・
どのような車でも基本的に同じ様な作業工程でペイントするのですが、マルシンでは
車種や年式、お客様のニーズに合わせてリズナブルな価格で作業いたします。

リヤのディフューザーもボディーと同色にしました。(もとは艶消しの黒でした)

完成写真
尼崎・マルシン自動車=bodyshop/MARUSHIN
 
 
 
 
 

BMW116・Mスポーツ

BMW116・Mスポーツのホイール&キャリパーをペイントしました。
 

HPからのお客様で、過去に小物のカスタムペイントをされたお客様、今回はホイールの
ペイントとキャリパーペイントを依頼されました。
ホイールは、もともとガンメタだつた物を、流行りのブラックアウト&キャリパーはブレンボーレッド
のコーディネートでイメチェンをしました。
 

ホイールのリムに曲がり等あるので、本来はタイヤを外さなくてはならないのですが、
ランフラットタイヤで脱着費用が高くつく為、分解せず修理することになりました
今回はリム修正だけで直りそうなのと、同系色のペイントなので仕上がりにはさほど影響がなく
出来ると思います。
 
 

 キャリパーの取り外し

リムの端々を丁寧にマスキングし修正後、半艶のブラックペイント、のちにADVAN・Racing の
文字を削り出し表面処理をしてホイールのペイントは完了
 
 

キャリパーも純正色からブレンボーレッドに色替え、新たにBMWのロゴも施工し表面処理を
施して完了、 (Mスポーツのキャリパーだけあつてブレンボーにも劣らない迫力です)
 
 

組み付け、点検後、完了
 
足回りのペイントだけで、重量感とスポーティー感が増したように感じられます。

 
BY・尼崎/マルシン自動車=BODYSHOP/MARUSHIN
 

キャリパーペイント

キャリパーの色替えペイントのご紹介です。

アウディーR8
ノーマルブラック~少しラメをきかしたワインレッドに色替え
 
 
 

ベントレー
ノーマルブラック~イタリアンレッドへ
 
 
 

ポルシェ
ノーマル~イタリアンレッドへ
 
 
 

ベンツ
シルバー~ゴールドへ
 
 
 

ベンツ
シルバー~イタリアンレッドへ
 
 
 

マセラティー
ノーマルブラック~オレンジ色ブレンボー風に
 
 
 

 フェラーリ
フェラーリレッド~シルバーへ
 
 
 

ポルシェカイエンのキヤリパーをイエローに色替えロゴまでオリジナル通り正確に再現
さまざまなカラーバリエイションのご相談を承ります。
以上のように沢山のキヤリパー塗装の実績がございますので
足元のイメチェンをお考えの方、ぜひご相談ください。
尼崎 板金・塗装・カスタムペイント=bodyshop・MARUSHIN 

会社案内

マルシン自動車
兵庫県尼崎市崇徳院1丁目17-2
TEL:06-6419-2882
FAX:06-6419-1071
営業時間:10:00~19:00
定休日:木曜日

出張エリア

▼無料出張いたします!
尼崎市 西宮市 芦屋市
その他周辺地域

MINIのページ
ブログ
カーセンサー